さらに
絞り込む
該当プラン数 35
慶良間諸島でSUPを楽しむ人たち

冬の沖縄は魅力的!?慶良間の2月

最終編集日時;
投稿日時;

冬の沖縄は魅力的!?慶良間の2月

春がもうすぐそこまでやってきているけれど、まだまだ寒い2月。冬は暖かいところに旅行に行きたくなりますよね。

国内で言えば、やはり沖縄!それも、2月の慶良間諸島は魅力いっぱいです。今回は、2月に行く慶良間諸島についてご紹介していこうと思います。

 

慶良間諸島ってどんなところ

シュノーケル

慶良間諸島は、沖縄県那覇市から西へ約40㎞ほどのところにある島嶼群です。大小20程度の島々があってそのほとんどは無人島ですが、人々が生活を営む有人等もいくつか含まれています。

大きな区分として、渡嘉敷村と座間味村という自治体があります。元々は漁業が盛んでしたが、時代の流れと観光業の隆盛によって、島民の多くが観光業に関わる仕事に従事していると言われています。

 

慶良間諸島を構成する3つの島

特に観光で訪れることの多い、慶良間諸島の3つの島についてご紹介していきます。

 

阿嘉島

島の魅力・特徴

阿嘉島には、ケラマブルーが満喫できるニシハマビーチという素晴らしいビーチがあります。海水浴やマリンアクティビティを楽しむことができるのはもちろんのこと、宿泊施設もかなり充実しています。

特に、慶良間諸島ツーリストロッジハナムロ・イン阿嘉島という宿は、小さいながらも南国の雰囲気を感じるオシャレさが人気となっています。どの宿泊施設も綺麗でおしゃれ、そしてオーシャンビューを楽しめるところがほとんどなので、快適に過ごしながら海を満喫することができます。

 

那覇空港・泊港からの行き方

那覇空港泊港

タクシー・・・10~15分

ゆいレール・・・25分(那覇空港駅から美栄橋駅・その後徒歩)

 

泊港(那覇市)→阿嘉島

フェリーざまみ・・・約90分

高速船クイーンざまみ・・・約50分

 

渡嘉敷島

島の魅力・特徴

渡嘉敷島には、阿波連・トカシクビーチという超有名かつ人気のビーチが2つもあります。

島内には20箇所にものぼるダイビングスポットがあるため、世界中のダイバーがこの地を求めて毎年たくさんやってくるのです。

 

那覇空港・泊港からの行き方

那覇空港泊港

タクシー・・・10~15分

ゆいレール・・・25分(那覇空港駅から美栄橋駅・その後徒歩)

 

泊港(那覇市)→阿嘉島

フェリーとかしき・・・約70分

マリンライナーとかしき・・・約35分

 

座間味島

島の魅力・特徴

座間味島には、古座間味ビーチという大人気ビーチがあります。ここは、座間味港からのアクセスがよく日帰りで訪れることもできる最高のケラマブルースポットです。

比較的浅いところにも色とりどりのサンゴがあるので、小さなお子さんでも海の中の様子を楽しむことができます。

 

那覇空港・泊港からの行き方

那覇空港泊港

タクシー・・・10~15分

ゆいレール・・・25分(那覇空港駅から美栄橋駅・その後徒歩)

 

泊港(那覇市)→阿嘉島

フェリーざまみ・・・約90分

クイーンざまみ・・・約50分

 

慶良間の魅力

シュノーケル

世界中のダイバーが、慶良間諸島の海を求めて毎年たくさん訪れています。

それほど多くの人を魅了する慶良間諸島には一体何があるのでしょうか?慶良間諸島の魅力に迫っていこうと思います。

 

世界を魅了するケラマブルー

海に飛び込む女性

慶良間諸島の海が「ケラマブルー」と呼ばれ、愛される理由はその透明度にあります。透明度の高い海と言えば、タヒチやパラオなどの海を思い浮かべますが、国内で言えば最も透明度が高い海と言えば間違いなく慶良間諸島の海です。

この透明度の高さは、多くのサンゴ礁のおかげだと言われています。海に土や砂が少なく、ほとんどがサンゴ礁なのです!白い浜も、よく見ると全てサンゴの死骸となっていて、これが海の水をろ過して綺麗にしていると言われています。

 

マリンアクティビティの聖地

 

シュノーケリング

後ほど、マリンアクティビティについても簡単に解説をしていますが、慶良間諸島では非常に多くのマリンアクティビティを楽しむことができます。経験者はもちろんのこと、マリンアクティビティに初めて挑戦するという方も楽しめるツアーやガイドが充実しています。

 

壮大な大自然

慶良間諸島で見られるサンゴ礁

先ほども触れたように、慶良間諸島の海はサンゴ礁が充実しています。こうした綺麗な海で泳ぐ熱帯魚たちは、宝石のように輝いています。

この環境が評価されて、座間味島・阿嘉島・慶留間島を中心とした海域は、2005年にはラムサール条約に登録されています。それほど、豊かな自然が受け継がれていて、人々を魅了しているのです。

 

慶良間の2月とは

慶良間諸島の2月はどんな環境なのでしょうか?行くまでにしっかり情報を集めて、快適かつ楽しい旅にしたいものですね!

 

慶良間の2月の気候

ダイビング

平均気温は20℃前後で、1月よりはやや暖かくなります。しかし最低気温は16℃くらいになることもあるので、天気が悪い時などは肌寒く感じます。

数字で表すと他の地域に比べて暖かいと思いますが、実際に感じる温度はもっと低いと思っていいでしょう。水温は大体21℃くらいなので、マリンアクティビティに挑戦する場合は5mmフルスーツの着用がおススメです。

 

2月の慶良間の服装と持ち物

2月に適した服装

肌寒いということも踏まえて、長袖のシャツやコートなどがあるといいでしょう。思った以上に風は冷たいので、ある程度の防寒着が必要です。北風が強くなるので、これが結構体温を奪います。

 

2月の持ち物

防寒着と合わせて用意したいのが、日除けグッズです。日傘や防止、日焼け止めなどがあるといいでしょう。

 

2月の慶良間の主なイベント&楽しみ

主なイベント

この時期はなんと言ってもホエールウォッチングがおススメです!この時期限定でしか参加できないツアーがたくさんあるので、是非チェックしてみてください。

 

楽しめるポイント

船の上から、実際にクジラが泳ぐ姿を見ることができます。至近距離でみるクジラは圧巻!

特に、こうした海の近くに住んでいなければ、日常生活で見ることができないものなので、この時期に慶良間諸島に行くなら絶対に旅程に入れたいですね!

 

2月の慶良間の注意点

 

慶良間で楽しめるアクティビティ

慶良間諸島では、透明度の高いケラマブルーのビーチで様々なマリンアクティビティを楽しむことができます。

 

シュノーケリング

シュノーケル,慶良間

浅めの場所で行うマリンアクティビティです。シュノーケルという装具をつけて、水中の様子を楽しむことができます。

自分でシュノーケルを購入してもそこまでの費用はかかりませんが、島でレンタルすることもできるので、気軽にチャレンジしてみましょう。

 

ダイビング

慶良間諸島でダイビングを楽しむ2人

シュノーケリングとは違って、やや装備が必要となります。シュノーケルの他に、グローブ・フィン・BCD・レギュレーター…などなど、他にもたくさん装備が必要です。

こうした装備を使って、シュノーケリングよりも深い場所まで潜って、海の中の様子を楽しむことができるアクティビティです。

もちろん、装備はレンタルすることができますし、ツアーもたくさんありますので、初めての方も是非挑戦してみてください。

 

SUP

スタンドアップパドルボードは、その名の通り安定感のあるボードの上に立ってパドルを漕いで水面を進んでいくアクティビティです。

実はこのSUPそうした楽しみ方の他にも、ボードの上でヨガや釣りを楽しむという方法もあって、しかも誰でも簡単に挑戦することができます。ボードの上で何をするか考えるだけでも楽しいですね。

 

クルージング

クルーザーに乗って海に繰り出すクルージング。例えばホエールウォッチングや無人島への上陸など、様々な冒険が待っています!釣りやダイビングなどのアクティビティを楽しみながら、クルージングするという方もいますね。

慶良間諸島では、そうしたアクティビティ付きのクルージングツアーがたくさんありますので、是非チェックしてみてください。

 

カヌー・カヤック

慶良間諸島でカヌーを楽しむ人たち

透明度の高いケラマブルーの海を、カヌーやカヤックに乗って進んでいくのは非常に気持ちがいいものです。底が透明なカヌーやカヤックに乗ると、海の中の景色も楽しみながら進むことができるのでおススメです。

無人島などに行くツアーもありますので、しっかりチェックしておきたいアクティビティです。

 

ホエールウォッチング

慶良間諸島で見られるクジラ

慶良間諸島は冬季シーズンになると、ザトウクジラがやってきます!そのクジラを見ることができるのが、ホエールウォッチング。

この時期に慶良間諸島に行くなら、是非ツアーなどを利用してクジラを探しに行ってみてください。

 

慶良間のおすすめ観光スポット

慶良間諸島でのイチオシはやはり「ケラマブルー」!ケラマブルーを楽しめるビーチと共に、おすすめの観光スポットをご紹介します。

 

古座間味ビーチ(座間味島)

古座間味ビーチは、港からのアクセスが良く、観光客がたくさん訪れる大人気ビーチです。なんと、ミュシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星を受賞したケラマブルーの海を満喫することができます。

透明度が高く、浅い場所でもサンゴや熱帯魚の様子を見ることができるので、マリンアクティビティに慣れていなくても海水浴を楽しむことができます。

 

阿真ビーチ(座間味島)

阿真ビーチが面する海は、ラムサール条約で保護されている海です。ここは、貴重なサンゴ礁がたくさん生息しているのです。海水浴やマリンアクティビティも楽しいですが、ここは景色を楽しむのもおススメです。

夕日が沈んでいく様子はまさに絶景ですので、陽が沈むタイミングをはかって是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

阿嘉大橋(阿嘉島)

 

 

阿波連ビーチ(渡嘉敷島)

渡嘉敷島の中で一番人気があり、人が集まるビーチです。800m近い弓形の白浜が特徴です。沖の方へ800mくらい行くと、「ハナリ」という無人島があり、ここが最高のシュノーケリングスポットとして人気となっています。

 

トカシクビーチ(渡嘉敷島)

トカシクビーチは、渡嘉敷島の集落の近くにあるビーチで、白浜が三日月形をしていることが特徴です。地形的に波が穏やかなので、小さなお子さん連れでも安心して海水浴を楽しむことができます。

阿波連ビーチよりも人が少ないので、静かに海を満喫したい方におススメです。

 

まとめ

2月の慶良間諸島は、思っているよりも寒い!ということを念頭に置いて、しっかり防寒の準備をしていきましょう!

特にマリンアクティビティなどを体験する場合は、よりしっかりと防寒準備が必要となります。海水浴も、水着だけでなくラッシュガードなどがあると思う存分楽しむことができますよ!

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、慶良間ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る